恋 2 一緒に勉強しよう

塾の合宿で、ふすま1枚離れて寝てる2つ下の道子さん

だんだん気になり始めた私

 

勉強時間に隣に座り

いろいろ聞いてきた道子さん

 

今では記憶には残っていないが

どちらが先に座っていたのか

私が意識して、後から隣に座ったのか?

 

1番覚えているのは

虎の英語のスペル教えてと

 

タイガーとはわかっていましたが

tigerと教えれば良かったのに

私は間違えて覚えていたみたいです

塾の先生に直されたと

 

その後もいろいろ聞いてくる道子さん

私は謝りながら言いましたよ

「ごめんなさい、私は、勉強できないから、ほかの人に聞いて」

先生も近くにいるし

東大志望のたくわんも勉強出来るし

 

道子さんは言いました

『2人で間違いを確認して、一緒に覚えようーー』

感動しました

と同時に嬉しかったです

 

3泊4日の塾の合宿も終わり

帰る場面に男同士は

連絡交換は出来ましたが

肝心の道子さんの連絡方法は聞けなかった

        

なぜか聞けなかった

聞きたかった

寂しい

もう会えなくなってしまう

大井町の駅に着いて解散

続く



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最近のコメント

▲トップへ戻る